神戸市の鵯越(ヒヨドリゴエ)墓地での納骨式でした。ひよどりごえ、漢字で書くのも読むのも難しいですが、響きはとても美しいですね◎

ご納骨は、お骨を納める場所の石を開けて、お骨を骨壺からさらしでできた骨袋に移し替えてお納めします。

そして、お坊様にお経を読んでいただき、ご家族様が順にお焼香をされるという流れです。

49日の法要の際にご納骨式を、その前にお墓へお名前の彫刻をされる場合が多いですが、必ずしもこのタイミングを守らないといけないということはありませんので、彫刻がまだだったり納骨がまだでお悩みの方もぜひご相談ください◎